​梅の花乳酸菌

佐賀大学(北垣浩志教授:研究室)との共同研究を2016年開始しました。

進行中の研究テーマ:梅の花乳酸菌の更なる機能性の探索と新たな乳酸菌の獲得と研究。

・梅の花に着目した理由:地元の大山町は厳しい冬の山里に9,000本の梅の木があり、2~3月に満開の梅の花を咲かせます。この厳しい冬に咲く花にこそ、環境に耐え抜いた機能性の高い乳酸菌がいるのではないかと考え、佐賀大

学の北垣先生にお力添えを頂き研究開始。数度のやり直しをへて、その時期最後の花から、ついに機能性の高い乳酸菌を発見、単離獲得に成功しました。(特許出願中)

・2018年9月5日の日本生物工学会で、業界初の単離抽出に成功した梅の花乳酸菌を「梅の花乳酸菌Enterococcus faecalisの機能性の探索」と題して発表。現在も更にテーマを発展させ、学会発表を行っている。

梅の花
梅の花乳酸菌
Show More

梅の花乳酸菌Enterococcus faecalis

(エントロコッカス・フェカリス)について

◎E・フェカリスは乳酸菌としての活性が強い。

◎大山町の梅の花から取れた乳酸菌であることから、イメージが最高に良い。

◎死菌(殺菌)で使用しています。死菌でも効果が高いため、各種の加工に便利で工場環境にも安心な新型乳酸菌と言われています。→ 「活性が強く、健食として高レベル」   

梅の花乳酸菌を使って商品化してみませんか!

死菌で使用できるため、何にでもまぜられます

  ☆味も色も、加熱しても、冷凍してもほとんど変化しません。

  ☆死菌のため、充填環境や加工場環境でも、他にほとんど影響を

   与えません。

  ☆化粧品原料としても使用可能です。

  ☆1g中に5,000億個の乳酸菌なので、極微量の使用で商品化ができます。

 

◎使用各社様の商品例

 ・乳酸菌入りパン ・乳酸菌入りチョコレート ・乳酸菌入り納豆

 ・乳酸菌入り豆乳 ・乳酸菌入りタピオカ ・乳酸菌入り飲料 

 ・乳酸菌入り発酵ソフトクリーム ・乳酸菌入り発酵生姜 

 ・乳酸菌入り発酵バジル ・乳酸菌入り発酵トマト 

 ・乳酸菌入りもろ味酢  ・乳酸菌入り発酵唐辛子味噌  

 ・乳酸菌入り発酵ライスミルク ・乳酸菌入り発酵スイカ・・・・等

© 2023 by James Consulting. Proudly created with Wix.com